家族葬のあれこれ

香典を持つ手

故人の身内のみで行われる葬式の形式を「家族葬」といいます。最近、家族葬を行なう家庭が増えてきています。小規模で行われますが、身内とごく親しい知人のみの間で行われるので、比較的安い予算で執り行うことができます。

寝棺を運んでいる人達

家族葬を行なうには

喪服の女性

家族葬を行なう際には、友人や知人に参列のお断りを伝える文書の用意など、いろいろと事前の準備が必要です。そういった作業を元気な内に頼りになる専門の業者に依頼をし、アドバイスを受けながら手続きをするといいでしょう。

劣化に備えて

お寺の中

雨風の影響で墓石も劣化をしてしまいます。お墓というのは、子孫代々受け継がれていくものなので、劣化が始まったら修繕をする事が大事です。購入する時には、修繕を依頼する業者も調べておくと便利でしょう。

費用を割安に

一輪の菊

今は昔ほど大きな規模で葬儀を実施する事が少なくなっているので、少ない費用で葬儀を実施するという風潮が強くなっています。その中の一つとして家族葬を選択する事で、小規模ながらも満足できる葬儀を実施する事ができます。 家族葬ならば身内だけで葬儀を実施する事になりますので、そこまで大きな規模になる事はなくて、気を使わなくても大丈夫です。平均金額としては数十万円単位で実施する事ができて、更に費用を節約する事ができれば、二十万単位で実施する事も可能です。 選択する方も増えてきているので、家族葬は一つの葬儀方法として確立されてきている方法になっています。家族葬でも充実した葬儀を実施する事ができるので、検討している方はよく考えてもらいたいです。

親族の繋がりなども薄くなっている現代ですので、葬儀にお金をかけるという事はかなり少なくなっている状況です。家族葬を選択する事で、費用を少なくする事ができるのですが、今はその家族葬も少ない費用で実施する事ができるように変わってきています。 少しずつではありますが費用が安くなっていますので、これまで以上に安い費用で家族葬を利用する事ができるかもしれないです。安い費用で実施する事ができれば、お金の消費を最小限に抑える事ができるので、多くのお金を準備しなくても済むようになっていきます。 家族層の金額傾向として、安い傾向になっているので、将来は十万円台でも十分な家族葬を実施する事ができる時代が訪れるかもしれないです。

散骨を希望する人達

並んだロウソク

葬式を終え、火葬された後に遺された遺骨はお墓へ納骨される事が基本的な決まりですが、お墓の購入にはお金が掛かります。先祖のお墓もないという人は、お金の負担をなくす為に散骨を希望する人もいます。散骨方法はいくつかあります。

葬儀の種類

ロウソクの列

葬儀というのは、人生の中での最後となるイベントなので、きちんと執り行う事が大事です。その職場に務める人達には重要な能力が数多く必要です。葬儀の種類にはいろいろあるので、その種類の違いや意味を知る事も必要となります。